<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

狼少女伝説「TOH!!」

今週末も東京で舞台を観てきました。
今回は熱海五郎一座 狼少女伝説「TOH!!」
三宅裕司、渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、東貴博、春風亭昇太、南原清隆
お笑いのベテラン俳優さんの舞台でした。

お話しはテレビ局の視聴率争いで他局より視聴率を上げるために
あれこれ策を講じて・・・ひょんなことからジャングルで狼に育てられた少女を発見!
彼女をめぐり両局で争奪戦が繰り広げられます。

もう終始笑いっぱなしで楽しかったです♪
小倉さんっているだけでインパクトあるし見ていて
笑いを誘い出してくれる演技力がある人だな~って思いました。
三宅さん、ラサールさん、リーダー(渡辺)の演技もそこらへんの若手とは違う
丁寧な笑いを見せてくれる俳優さんだと実感。
で、ちょっと意外だったのがナンチャン。存在感はあるけどイマイチな感じでした。

もともとは伊東四郎さんが座長のものらしいのですが
伊東さんがいない時はそれなら熱海で五郎がいいだろうってことだそうです(笑)
これからこうゆう舞台にハマリそうです。
[PR]

by asagao314 | 2007-05-28 01:53 | お遊び

薮原検校


f0011875_1323692.jpg

久しぶりに都内で舞台を見てきました。
『薮原検校(やぶはらけんぎょう)』という井上ひさし氏作の戯曲です。
内容もよくわからずチケット取ってしまいました(笑)
キャストが面白そうだったのと、簡単な解説を読んでみて
それも面白そうだったので、あははは(汗)

物語は江戸中期。江戸時代、盲人社会は「当道座」という独特の組織を構成。
一番上の位から検校、別当、勾当、座頭の4つの官位に別れていて
その中でも細かく階級が別れている厳しい階級社会だったそうです。
あー、座頭市って一番低い身分の人だったのかって思いました。
その中で悪党の限りを尽くして検校の位にまで上った『薮原検校』の一代記です。
芸達者な方々が出演なさっているので見ごたえもあり、笑いもあり。
地位、名誉、お金に女・・・強烈な演出だな~と思いながら見入っしまいました。
[PR]

by asagao314 | 2007-05-24 01:30 | お遊び

温泉へ行こう   その2

お腹もみ満たされて、いざ四万温泉へ~
途中で購入した雑誌片手にどこのお風呂に入ろうかと
温泉街に入りました。

GWということで旅館の日帰り入浴できる所を探してみました。
午後の2時過ぎで日帰り入浴は終了してしまってたり
四万川に架かった真っ赤な橋が叙情的な積善館本館に行ってみたかったけど
駐車場がよく分からずパス(笑)
温泉街を北上していったところに
 ”日帰り入浴できます”の看板みっけ♪
休憩が出来る時間帯は過ぎたけど入浴はできるとのこと。
やった~~~♪

お風呂は内風呂と露天風呂の二つ。
思ってたより人がいなくて本当にゆったりした気分です。
お湯は少々熱めだったけど、露天へ行くと竹林に囲まれていて
風にそよそよと吹かれてるさまを見ながら
「こうゆうのをリフレッシュっていうんだよね~」と友達。
時間を気にせず気ままな旅で、独身になった気分でした。


四万温泉 日向見荘
[PR]

by asagao314 | 2007-05-05 15:43 | お遊び

温泉へ行こう      その1

GWの真っ只中、友達とぶらり温泉へ行ってきました。
前日にどっか行かなきゃ!と二人でそれぞれに思いをめぐらせて
当日に行き先決定!(笑)
行き先は 四万温泉。実は、四万温泉へは初めて行くのです。
BGMはもちろん、玉置浩二「田園」(笑)

お気楽な二人なので出発したのも午前10時。
途中で本屋さんに夜って旅本買ってレッツらゴーざます♪
国道17号も渋川までは少し渋滞してたけど、中之条方面へ入ると
ぐっと交通量が少なくなりました。
途中で新しいバイパスが出来てて迷っちゃったりもしたけど
四万目指してひた走り~

車の中はひたすらしゃべりまくりの女達・・・・
時は太陽も真上に来る頃・・・お腹空いた~
そんなとき目に入ったのが ”百合うどん 和利の家”と麻布のようなのに書かれたものが
目に飛び込んできました。
二人同時に反応して、「うどん好きなら行くしかないね」
看板にしたって行くこと15分程行ったところにありました。
近くに伊参スタジオがあるようでした。

お店というか普通の農家のおうちでした。
居間の襖を外して大広間になっていて、そこにおこたつが4つありました。
親戚の家でお昼食べてる雰囲気でした。
ロケーションのせいかTV番組の取材がよく来てるようで
玄関先には芸能人の色紙がたくさんありました。
地元の名士”小渕優子”先生の色紙もありましたよ。

2色うどんのセットを頼んでみました。
田舎うどんだから麺が太くてこしもあり美味しかった~~。
ざるにしちゃったけど、家の中はおこたつに入っていてもひんやりしてたので
温かいうどんにすればよかったと、少々後悔したけど
野菜の天麩羅が美味しかったので満足!

田舎の家庭的な雰囲気のお店で、気ままな旅にはピッタリな所でした。



”和利の家(わりのいえ)”
[PR]

by asagao314 | 2007-05-05 15:20 | お遊び

育ててみる

f0011875_251657.jpg
←これ、うちのこんちゃんのウ○コじゃありません。
コンニャクの苗?です。
会社の子がコンニャク作りにチャレンジすると言って苗を買ったけど
多すぎたので、よかったらどうぞ~ってくれました。
この苗の状態のことを 生子(きこ) と呼ぶそうです。
こりゃ~生子さまだ~~(笑)大事に育てなければ!と、育て方の説明書を読む。
なにやら収穫に3年掛かるみたい。
とても手間ひまかけて育てるものなのだと初めて知りました。

名産地に住みながらも知らないこといっぱいですね。

3年後、手作りこんにゃくを食べる集いができるかな(笑)
[PR]

by asagao314 | 2007-05-01 02:02 | 毎日のこと