薮原検校


f0011875_1323692.jpg

久しぶりに都内で舞台を見てきました。
『薮原検校(やぶはらけんぎょう)』という井上ひさし氏作の戯曲です。
内容もよくわからずチケット取ってしまいました(笑)
キャストが面白そうだったのと、簡単な解説を読んでみて
それも面白そうだったので、あははは(汗)

物語は江戸中期。江戸時代、盲人社会は「当道座」という独特の組織を構成。
一番上の位から検校、別当、勾当、座頭の4つの官位に別れていて
その中でも細かく階級が別れている厳しい階級社会だったそうです。
あー、座頭市って一番低い身分の人だったのかって思いました。
その中で悪党の限りを尽くして検校の位にまで上った『薮原検校』の一代記です。
芸達者な方々が出演なさっているので見ごたえもあり、笑いもあり。
地位、名誉、お金に女・・・強烈な演出だな~と思いながら見入っしまいました。
[PR]

by asagao314 | 2007-05-24 01:30 | お遊び